信託分別管理・初心者からでもわかるFX!1日数分~数時間でも取引可能!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信託分別管理


信託分別管理(しんたくぶんべつかんり)とは、外国為替証拠金取引(FX)業者等が自社の資産と顧客の資産を分けて管理する為に、信託銀行と信託契約を締結し、顧客からの預かり資産を信託口座にて管理することをいう。
「信託保全」、「信託保全管理」などともいう。
信託口座による信託分別管理が行われることで、取引業者等が破綻した場合には、信託管理人が信託銀行から信託財産の交付を受けた上で、当該財産の範囲内で取引業者等の顧客に帰属すべき資産を返還する。

但し、本制度は顧客の資産の元本を保証するものではない。
取扱商品の相場の変動等により、顧客が取引業者に預託した金額の範囲を超える損失が発生するリスクがある。

尚、信託銀行は取引業者等から信託された金銭の管理のみを行い、取引業者等および信託管理人の監督および選任の責任を負わない。
また、信託銀行が取引業者等に替わり顧客に対する資産の支払い義務を負うものではないため、取引業者等の顧客は信託銀行に対し資産の支払いを直接請求することは出来ない。


・信託分別管理採用業者

(順不同)括弧内は、信託分別管理先

・オクトキュービック…(三井住友銀行)
・外為オンライン…(三井住友銀行)
・外為どっとコム…(住友信託銀行)
・クリック証券…(三井住友銀行)
・日興コーディアル証券…(日興シティ信託銀行)
・マネーパートナーズ…(SG信託銀行)
・FXCMジャパン…(みずほ信託銀行)
・FXプライム…(みずほ信託銀行)
など


・主な信託分別管理先銀行
・三井住友銀行
・住友信託銀行
・みずほ信託銀行
・三菱UFJ信託銀行
・SG信託銀行
・新銀行東京
・トランスバリュー信託
・日証金信託銀行
・野村信託銀行
など
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。