外国為替証拠金取引の例・初心者からでもわかるFX!1日数分~数時間でも取引可能!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外国為替証拠金取引の例


外国の通貨を取引して、その差益を取るという取引になります。

普段のニュースなんかでも、円高ドル安なんて言葉を聞いたことがあると思います。
また、ニュース番組を見ていると、必ずと言っていいほど、今日の為替相場や株価の終値が報告されています。

近年では主婦の数億円の脱税なんてニュースが、飛び込んでくるくらいですから儲けている人はいるわけです。
1日の中でも常に為替レートは動いていますので、その中で安く買って高く売る、または高く売って、安く買い戻すといった取引をするわけです。
通常、ドル円だと動きが小さい日だと、高値と安値の差が1円にも満たない事がありますが、それでも大きく儲けを出すことも不可能ではありません。

もちろんレバレッジを効かせずに取引してもかまいませんし、業者によっては400倍の取引が出来るところもあるようです。

ドル円100円として、計算してみます。

通常、1万ドルを持とうとするといくら必要かというと、

10000$ x 100円  =  1,000,000 

で、100万円必要になります。

レバレッジが100倍だとすると、

1,000,000円  ÷ 100倍  =  10,000

1万円で、100万円の取引をすることが出来るのです。

100万円貯めるのに、1ヶ月に2万円ずつ貯金したとしても50か月、4年ちょっとかかるわけですから、口座を開いておけば、1万入金すれば100万円の取引がすぐに出来るのです。

証拠金が大きくなれば、それだけ儲けのチャンスもありますが、損を出すリスクもあるわけです。

しかし、リスクを恐れて何もしないのであれば、減ることは無いにしろ、増える事はありません。
必ず損をするわけではなく、儲かる可能性を秘めているのです。
必ずしも、リスク = デンジャーでは無いのです。


もうひとつFXには利点があります。

それはスワップポイントが付くことです。
こちらは別の記事で書いていきます。
スポンサーサイト
Copyright © 初心者からでもわかるFX! All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。