短観想定レート78円14銭、警戒緩めず 円安定着なら業績改善・初心者からでもわかるFX!1日数分~数時間でも取引可能!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短観想定レート78円14銭、警戒緩めず 円安定着なら業績改善


トヨタ自動車では、対ドルで1円円安になると、営業利益が年320億円も増える。第一生命経済研究所の永浜利広主席エコノミストは24年度末のレートを86円程度と予測し、「全産業の経常利益が2%程度上振れする可能性がある」としている。
3月短観では、大企業製造業の平成24年度の想定為替レートが平均で1ドル=78円14銭となった。23年度の78円93銭を上回り、調査開始以来の円高水準を更新した。足元では83円前後で推移しているが、昨年10月に75円台の史上最高値を更新したことを教訓に、円高への警戒感を緩めていない。ただ、現在の円安水準が定着すれば、24年度の業績が大幅に上方修正される期待もある。

【送料無料】円高と円安の経済学

【送料無料】円高と円安の経済学

日銀短観 訳あり 送料無料
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。